2006年05月31日

タヌキの金玉の大きさ

狸の金玉の大きさは、銀杏程度。

○「狸と言えば、金玉」というイメージは、江戸時代の金箔を作る職人の間から生まれた。
○金箔職人が、金の粒をたたいて延ばす際
「狸の毛皮で包んで叩くと、よく延びる」
「金1匁(3.75g)が、8畳敷きの大きさまで延びる」
としたことから、モノが大きく広がるさまの例えとして、
「狸の金玉 八畳敷き」
と言う言葉が使われ、
狸を、「金の象徴、富と福を呼ぶシンボル」として、金玉の大きい狸の置物を飾るようになった

<今日の逸品>
◆阪神タイガース信楽焼 必勝応援チアガール狸(キイロ帽子)

阪神タイガース信楽焼 必勝応援チアガール狸(キイロ帽子)【信楽焼・デンタル・給与ソフト「B-FRAME」】
posted by leaves at 07:23| Comment(2) | TrackBack(0) | トリビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーだったんですか!(^^)!
初めて知りました☆ ははっ。

狸ちゃんかわいい♡
Posted by ゴル at 2006年05月31日 13:04
ゴル校長へ

この狸は、チアガールですから、金玉はついていませんね、よく考えてみると・・・
Posted by leaves ゴル校長へ at 2006年06月01日 07:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。