2007年01月23日

牛に赤いもの

<ガセビアの沼>
「牛は、赤いものを見ると興奮する」
というのは、ガセ。

○牛は赤色色盲。
○闘牛士は当初、白い布を使っていた。
お客さんを興奮させるために、赤が使われるようになったと考えられる。
ラベル:
posted by leaves at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ガセビアの沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。